自転車保険で加害者を救う|安心を備えておこう

このエントリーをはてなブックマークに追加

生きるために

説明

保険相談で加入できるかを確認しましょう

平均寿命が延びていることにより、病気やけがによる入院や手術をする機会が多くなっています。そこでよく保険相談に多いのが、医療保険やがん保険です。保険には加入条件がついているものです。医療保険に関しては、もちろん保険の種類にもよりますが、病気で直近1年とか3年以内に入院の履歴があると入れない場合があります。また、手術をしていれば、同じ原因による手術には2年間保険が支払われないなどのケースもあります。近年5人に1人の割合で妊婦が選択しているという帝王切開は、実施後5年間は新たに保険に加入できないというものもあります。自分が保障対象になるのかどうか、保険相談で確認するのが良いでしょう。病気でなくても、制限がつけられる場合があるのです。

保険は若くて健康なうちに加入しましょう

保険は既往歴や年齢により、保障の対象になるのかどうかが決まってくることが多いです。そのため、保険に入りやすくするためには、若くて健康なうちに入ることです。まだ、病気のリスクが低い低年齢のうちであれば、保険料も安く、条件によって加入できないという心配もありません。特に掛け捨てでない保険であれば、加入してから病気になって入院しても、今後も加入し続けられる場合が多いのです。帝王切開であっても、一度加入していれば、2年後にまた帝王切開を受けても保険は支払われるのです。歳をとるにつれて、生活習慣病はもちろん、がんの発症リスクも高くなっているのが現状です。保険は身体に異常のない、健康なうちに加入しておく方が後々面倒がなく、後悔することもないのです。